Photo
Photo
2014/05/04 Google
オードリー・ヘップバーン誕生日

2014/05/04 Google
オードリー・ヘップバーン誕生日

Photo
(3月14日オープン!川崎にできた怪獣酒場ってどんなところ?[はまれぽ.com]から)
Photo
(3月14日オープン!川崎にできた怪獣酒場ってどんなところ?[はまれぽ.com]から)
Photo
(3月14日オープン!川崎にできた怪獣酒場ってどんなところ?[はまれぽ.com]から)
Quote
"本書の訳題はこれまで『フラニーとゾーイー』が一般的だった。Zooeyという名前の発音をいろんなアメリカ人に尋ねてみたのだが、「ズーイ」と発音する人もいれば、「ゾーイ」と発音する人もいて、翻訳者としてはどちらとも決めかねるところだ。ただ「ズーイ」派の方が数としていくぶん多かったのと、二〇一三年に公開されたドキュメンタリー映画『サリンジャー』でも「ズーイ」という発音で統一されていたこと、また僕が昔から個人的に「ズーイ」という語感をより好むという理由もあり、ここでは「ズーイ」の方をとらせていただいた。"

〈村上春樹 特別エッセイ〉こんなに面白い話だったんだ!(全編)|村上春樹『フラニーとズーイ』|新潮社

Quote
"

 ‐今の気持ちは

 「ゴールしたときに、なんだろう、こんなに何本も本番で滑れるオリンピックは今回が初めてなんですけど、結構自分でも、体力もつかなとか、最後まで全部がいい滑りできるかっていうのが、本当に自信ある、ないっていうより、とにかく全力で滑らないといけないと思っていて、全部終わったときに、点も見ずに泣いてました。ああ良かった、いい滑りが(できた)。何ですかね…やっぱりメダルは本当に、あ、取れたかなと思ったんですけど、3番入ったかなと思ったんですけど、点数は点数で、ああ、そっか、また4番だったんだなっていう。結果は、メダル取れなかったというだけだったんですけど、すごい清々しい気持ちで。ソチまで準備してきたことだったりとか、こういう風に滑りたいとか、失敗なくとにかく攻めて滑りたいというのが3本全部かなったので、それがね、清々しい気持ちになるんだなと」

 ‐特に決勝は、渾身の滑りだった。

 「へへっ(笑)。それが皆さんに伝わるような滑りが出来ていたら、今までに出来なかったことなので、すごくうれしいです」

 ‐ソチに向け「自分らしい滑りをしたい」と何度も言っていたが、今日は?

 「多分出来てるんじゃないかなと思います。自分らしいっていつも言ってはいるんですけど、やっぱり自信を持ってスタートに立って、とにかく目の前のコースで、自分の出来るパフォーマンス、最大の力を出して滑るというのが私の思っている理想だったんですけど、今日はたくさんそれができたので、自分としては本当に、すごくうれしいですね」

 ‐とにかく、笑顔が印象的。

 「泣いたり笑ったりで今日は忙しかったですけど、まあでも、こうやって…、バンクーバー終わった後、またソチを目指して頑張りたいなと思ったときに、またギリギリで(メダルが)取れないとか取れるとか、そういう場所にまさかちゃんと戻ってこれるという自信も持てていなかったので、こんなに、メダルを狙うんだ、最高の滑りをしたらもしかしたら取れるかもいうところまでこれたのがすごくうれしいなと思います」

 ‐今後については。

 「もう今日が終わったら、とりあえず疲れてるところを休めて…。でもそうですね、今日はやっぱり滑り終わったときに、他の選手とかコーチのみんなも『いや~、長いこといっぱい滑ったね』ってたくさん言ってくれて。オリンピックの舞台で何回も何回も滑れたことがとてもうれしいなと思っているのと、あと、今回が最後だなと思っているので、自分としてはオリンピックの思い出はすごく良い思い出で終われるんじゃないかなと思っていて…。メダルはないんですけどね。そこはもう、申し訳ないとしか言いようがないんですけど、頑張って良かったなと思っています」

"

【上村愛子・一問一答】「良い思い出で終われる。頑張って良かった」 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

Tags: 上村愛子
Quote
"

 ――殿堂入りの感想は。

 「驚いた。投票する人が記者ということで、現役時代から、あまり仲良くなかったので。米国の殿堂も入れず、日本でも可能性は低いと思っていた。支えてくれた一人一人にお礼が言いたい」

"

【野茂氏トーク】投票する記者たちとあまり仲良くなかったので… - 野球 - SANSPO.COM(サンスポ)

Tags: 野茂英雄
Photo
(知らぬは客ばかりなり 外食産業実はこんなふうに作ってます 一覧表付き 生姜焼きから、ネギトロ、クリスマスケーキまで | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社]から)
Quote
"

 彼らは「自分がいないと機能しなくなる」と存在価値を誇示し始めた。僕は「君たちがやらなければいけないことは、君たちがいなくなっても回るチームを作ること。『俺がいなきゃだめ』は禁句ね」と伝えました。

 これでモチベーションやプライドを保てるのか。危惧する方もいるでしょう。でも、仕事に過度な「自分」はいらない。「自分の職場でのポジション=自分の存在価値」と考えるのは間違っている。

 「あなたは個人としてはかけがえのない人だけど、職場としては代替可能な人間です。それは僕も同じです。誰かが誰かの代わりになる。そんな組織にならなければこの組織はよくならないし、僕が求めるのはそういう管理職です」と100万回くらい言いました。

 「僕らはこの場所を世界一働きやすい職場にする。

それは必ず世の中を鼓舞することになる。それが僕らの使命だから業務としてやってほしい」と僕は何度も語りかけました。

 そう言い続けるうち、彼らも「自分たちの働き方を変えることが、世の中の働き方を変えることになる」と思ってくれるようになりました。

"

「あなたにしかできない仕事」はない :日本経済新聞